加齢黄斑変性の治療を行っています

  1. HOME
  2. 当院のご案内
  3. 眼科だより
  4. 加齢黄斑変性の治療を行っています

加齢黄斑変性の治療を行っています

加齢黄斑変性とは?

「視界の中心が歪んで見える」「視界の中心が薄暗い」「視界の中心が黒く欠ける」などの症状が出る病気に、「加齢黄斑変性」があります。この病気は物を見る中心である黄斑部という大切な部分に異常がおき、「歪み」や「見づらさ」をひき起こします。

加齢黄斑変性の治療について

今まではこの病気の治療は、大掛かりな設備の整った大学病院や総合病院での入院治療が基本でした。しかし薬剤の開発が進み、加齢黄斑変性の一部の方は、通院し注射で治療が可能となりました。当院でもこの治療が可能で、十数例の方に治療を行い、ご満足いただいております。ご興味のある方はまずご相談下さい。