検査機器について

  1. HOME
  2. 当院のご案内
  3. 検査機器について

検査機器について

当院では、患者さまの負担を少しでも軽減しつつ、検査はより精密に行えるよう最先端の検査機器を導入し、検査にあたっております。

超広角走査レーザー検眼鏡『Optos 200Tx』

超広角走査レーザー検眼鏡『Optos 200Tx』写真

眼底を広角に撮影できます。従来の眼底カメラは約45度の範囲でしか撮影できませんでしたが、この機械では約200度と広い範囲を撮影できます。

この広角撮影は瞳孔を大きくする目薬を用いることなくできますので、患者様の負担をより軽減できる点も大きな特徴です。

検査結果例

検査結果例写真

OCTオフサルモスコープ

OCTオフサルモスコープ写真

網膜や脈絡膜の断面を詳しく観察できる機器です。網膜、脈絡膜疾患のフォローに用います。

検査結果例

検査結果例写真

視野検査

視野(見える範囲)の広がりを調べる検査です。主に「ゴールドマン視野計」と「ハンフリー視野計」があります。

ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計写真

視野全体の広がりを測定します。緑内障以外にも網膜色素変性症や脳の障害を疑う場合などにも用います。

検査結果例

検査結果例写真

ハンフリー視野計

ハンフリー視野計写真

中心の感度を詳細に測定します。主に緑内障の経過観察の為に用います。検査の頻度が高いので、2台のハンフリー視野計が稼動しています。

検査結果例

検査結果例写真

眼軸長測定(眼内レンズの度数を決めるための検査)

眼の長さ(奥行き)を測定する検査です。この値を参考に白内障手術時の眼内レンズの度数を決めます。主に2種類の検査機器があります。当院ではより正確に眼内レンズの度数を算出できるよう必ず2種類の機器を用いて測定を行っています。

超音波Aモード

超音波を用いて眼の長さ(奥行き)を測ります。別の機器で角膜の形を測定し入力することで眼内レンズの度数を算出できます。

IOLマスター

IOLマスター

超音波Aモードと違い、非接触で眼の長さを測定できます。また角膜形状もこの機器で同時に測定できます。

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ

角膜は眼の表層にある組織です。角膜は5層に分かれ、その最内層に内皮細胞の層があります。この機器は内皮細胞の状態を調べる検査です。

HRT

視神経乳頭の形状を解析します。主に緑内障のフォローアップに使用します。

眼圧検査

眼の硬さを調べる検査です。緑内障や各種内眼部手術の経過観察に大切な検査です。正常値は10~21mmHgですが、眼圧は正常でも眼底視野に変化を及ぼす緑内障もあるので注意が必要です。眼圧計には非接触型と接触型があります。

オートレフケラトメーター

この機器には2つの測定機能があります。屈折状態(近視や遠視、乱視の度合い)と、角膜の曲率半径(丸み、形)を測定できます。

超音波Bモード検査

超音波を用いて眼の奥の状態を把握します。混濁などで眼底が透見できない場合に用います。

ERG

眼の奥の網膜の機能を調べる検査です。網膜は光を感じると僅かな電気的な反応を起こします。この機器は、フラッシュ光を当てた時の網膜の電気的変化を調べて網膜の機能がどの程度残っているかを把握する検査機器です。混濁などで眼底が透見できない場合に用います。

両眼視機能検査、眼球運動検査

物を両眼でみる能力や、眼球の動きを調べる検査です。大型弱視鏡、ヘスチャート、複像検査 等があります。

色覚検査

色覚を調べる検査です。パネルD15、東京医大式色覚検査表等があります。